2008年08月14日

オリンピック、サッカー日本代表(vre.1.1)

 北京オリンピックのサッカー日本代表(反町監督、オーバーエイジ枠0人)が見事に3連敗した。
いい加減、弱いサッカーをマスコミがさも強そうにみせて、宣伝して儲けよう(視聴率等)とするのはやめないのだろうか?
 手法が日本が初めてワールドカップ出て(岡田監督)、マスコミが1勝1敗1引分けで予選通過!決勝トーナメント進出!とはやし立てて、結果3連敗、ジャマイカ相手に3-1で1点取るのがやっとというのとまったくのデジャヴだ。(今回はナイジェリアに2-1の1得点のみ)
 この時も骨折して1点取ったゴンを、歴史に残る1点とか名誉の負傷と言って褒め称えたが、そういうもんなのだろうか?
 1点取るのが目標だったらいいけど、アルゼンチンのいる予選リーグで1勝1敗1引分けで予選通過!と言ってた時点で点取ったからって、騒ぐのは変だし、絶対本当にサッカー知ってる人は予選通過できないってのはわかってたはず。でもマスコミはそういう意見は取り上げなかった。
 友達のY松君は3連敗を予想してたが、俺は1勝ぐらいはと予想したが、まさかレゲエの国にも勝てなくて1点取って大騒ぎするとも思わなかったのを覚えている。宣伝と実際の強さの違いに唖然だった。

 それ以来、野球はWBCの優勝やイチローの活躍もあって実績があるので期待してるが、サッカーの宣伝には胡散臭い商売っけや甘やかされてる感がプンプンなので、あまり期待せず中継も見なかった。おかげで、イライラもせずに時間も無駄にせずに済んだ。

 毎回弱いサッカー日本代表を強いように宣伝して商売するやり方は、戦争で負けてるに商売のために勝ってると言ってた新聞や大本営発表をと同じ。死ぬ気を闘うとかばかりいって、戦力を冷静に評価しないのは竹槍で戦闘機を落とせると言ってた精神論を彷彿とさせる。
 実際の戦力を冷静に評価した意見を出さないマスコミのやり口はまったく変わらない。またその宣伝に乗るってのは、単なる騒ぎ屋なんじゃないだろうか?
 終戦直前に昭和天皇ですら「国民は不和雷同しやすい。残念ながらB-29は立派。わが国は、精神論を重視するあまり科学技術で負けた」(皇太子への手紙より)と冷静に分析していたのにも関わらず、60年以上経ってもサッカー商売を見る限りあまり変わってないように思う。

 日本代表ってお題目は、ガンダムと名前がつけばつまらなくてもつい全部見てしまうのと同じだろうか。
ガンダムSEED・・・出来の悪い末の弟
鋼の錬金術師・・・赤の他人
という表現があったが(放送時間枠が同じ)、出来がよくでも(話が面白くても)赤の他人だと見ないが、つまらなくても末の弟だから見てしまうってことだろうか。SEEDは後日相対的に評価が高まった。


posted by コスト at 23:35| Comment(7) | TrackBack(0) | コラム・レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにこれってマスコミの常套手段ですよね。
なんとかならんか。
Posted by とり at 2008年08月18日 10:26
やっと俺と同じ考え方の人を見付けました!(笑) けど、問題はマスコミだけじゃない…マスコミの言う事を信じる人々にも問題と責任あるよ!!!!!!!海外でポルトガル、スペインとブラジルに住んだ経験からそー思います。海外では結果を出さないとマスコミとサポーターから文句言われるからこそ選手達も“ヤバイ、もっと頑張らないと、もっと練習しないと”っていう気になるよ。日本では結果出しても出さなくても、勝ってもボロ負けしても皆良い事しか言わないし…ナレーター達はプロではなく普通のサポーターじゃん!?日本人だから応援するのは分かるけど、ナレーション中ではプロらしくやらないとダメだ。そーいう事が嫌でスポーツイベントを見る時はいつもインターネットで海外テレビで見ています…得にサッカー、バレーとF-1。まっ、マスコミと国民が見たくなくても事実は変わらないけどね…日本と中国が獲得した金メダルの回数を比べればその事実が明らかになるますね。(笑)
Posted by 名無し at 2008年08月20日 04:19
>>とりさん 帰省でレス遅れました。
マスコミは商売重視で、視聴率稼いだ後はもうどうでもいいってやり方はなんとかならいでしょうかね?
これが東スポなら誰も文句いわないんですけどね^^;

>名無しさん
初めまして、コメントありがとうございます。
管理人のコストです。
海外のサポーターは、日本と違って厳しいとは聞いたことがあります。
野球代表には日本人も厳しいですよ。以前のオリンピックでは銅メダルを最低限の仕事と言って喜ばなかったりしてたんで。

>信じるほうにも問題と責任
これはまあ、戦争中の時よりもネットとか色んな情報減があるんで一理ありますが、だからといってマスコミがTVで商売重視でさも予選突破できる戦力とか現実的でない言い方してもいいとは思いませんね。
サッカーに詳しくない人やTVや新聞しか情報減がない人はマスコミ情報を信じるしかなくて、TVを見てがっかり、終わったら残念でしたで済ますってやり方が正しいとは思いません。

あと、コメント中のナレーターってTVのキャスターの意味なのか、中継中の実況の人の意味なのか、それとも別の意味なのかわかりづらいです。

あと最後の2行は、マスコミが取り上げない競技でもメダルが取れてるという意味でしょうか?
フェンシングの銀メダルは、急遽中継したとか取り上げなくても実力ある選手がいて驚きましたが、
それも強さや人気の要因以外にもスポンサーが付いてるとか視聴率が取れないとか半分は同じ事情があると思いますよ。TVは商売ですから。
でもいくら商売でもサッカーはやり方が露骨なんで、この記事を書いたわけです。

<追加8/24>
その野球星野ジャパンは、一部プロで挑んだアテネの銅メダルにすら届かず4位終わった。
予選通過してるものの、上位チームには一度も勝てずに終わった。
来年春のWBCは、また王監督に指揮してもらいたい。
Posted by コスト at 2008年08月23日 02:07
コストさん、男子バレーを見てどー思いました?監督が“メダル狙います”って言った時覚えていますか?あの時は信じたんですか?テレビでは女子バレーもメダル狙えるチームだって言われていたけど、そう思いますか?海外で色んなチームを生で見た事ありますが、正直言って、それをきいた時に大笑いしました!メダルを狙えるための実力と力のあるチームと無いチームそんなに分かりづらい事のかなー?
Posted by MAD(名前無し) at 2008年09月13日 02:38
MADさん、初めましてでしょうか?
上の名無しの方と同じかちょっとわかりませんが。
管理人のコストですm(__)m

バレーは正直詳しくないんですよ。
男子バレーは予選が盛り上がったのは観てたんですが、オリンピック本選は全く気づかないうちに終わってて結果すら知りません^^;
そうですね、確かに予選通過決定した時には、「何大会ぶりにメダルを狙います!」って監督が言って、解説者が吼えてたのは覚えています。

しかし、本選の報道が少なかったのはあっという間の終戦と、やはり根本的に弱かったからなんでしょうか?
野球のように結果に対して監督批判があったとも聞きませんし。

ただ、僕の中でバレーはラグビー同様テクニック以前に、体格でかなりの部分の勝負が決まってしまうスポーツなのでサッカーほど報道に騙されてくやしいとかにはならず、結果も気にしてみなかったですね。
わかっているのは、マラソンと一緒で女子のほうがメダルに近い種目ってことぐらいです。
なので、あまりうまい詳しい話はないです、すいません。

Posted by コスト at 2008年09月13日 03:01
コストさん、上の名前無しです、よろしくお願いしますm(__)m サッカー好きですよね??僕も好きです、長い間外国に住んでたからか分かりませんけど、どんなスポーツよりもやっぱりサッカー好きです。Premier,Serie A,Liga EspanolaとCampeonato Brasileiroがいつも見ています。コストさんは海外リーグ見ますか?オリンピック前には日本代表がメダル獲得出来ると思ったんですか?それに、今の岡田JAPANがワールドカップでベスト8ぐらいまで行けると思うんですか?
Posted by MAD at 2008年09月13日 21:54
>MADさん サッカーは日本代表の試合を観る程度のレベルです。すいません
サッカーは見るよりやるほうが面白いと思うレベルなので、海外リーグとはちょっとわかりません。友達とかは見てる人もいますが、僕は詳しくないです。

岡田JAPANの予想ですか、まだアジア最終予選の段階ですよね。
アジア最終予選は通過は堅いと思いますが、うまくいってWC本選ではリーグ戦通過(2位)、決勝トーナメントは勝てないだろうと予想します。

オリンピックのメダル期待したかと質問されてますが、期待もしてませんし中継も見てません。
本文に「サッカーの宣伝には胡散臭い商売っけや甘やかされてる感がプンプンなので、あまり期待せず中継も見なかった。おかげで、イライラもせずに時間も無駄にせずに済んだ。」
と書いてある通りです。本文は読んでください。
Posted by コスト at 2008年09月14日 00:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。