2008年08月13日

山口在住のアメリカ人とトーク

 8/10(日)12:30頃。地下鉄銀座線浅草行きに乗ってると、わざわざ挨拶して隣(2席かけシート)に座った人がいて、やけに丁寧だなと思って顔を見ると外人だった。白人女性で青い目が印象的な外人さん。

 乗ってると外人さんは携帯を出してメールを見出した。
チラッと画面が目に入ったが、英文ではなく日本語で漢字もちゃんと入ってた。
たぶん、日本人が送ったメールだろうけど、すげえなちゃんと読めるんだ。
 すると、外人さんが話しかけてきた。
「ちょっといいですか?」
てっきり乗り換えでも聞かれるのかと思ったら、
「この漢字なんて読むんですか?」
と言って画面を見せてきた。
 指差したのは「○○さん宛てに手紙を」の「宛」の漢字だった。
「あて(宛)です、あて。」
確かにこれはちょっと難しい漢字だな。
「え?えんではないですか?どういう意味ですか?」
えんとも読むけど、
「○○さん宛の時は、あてです。その人の元に向かって出したという意味です。」
「あてですか。」
しかし、えらく日本語がうまいな。
「日本語お上手ですね。」
「いえいえ、まだまだ全然です。」
「いやあ、ペラペラですよ。何年になるんですか?日本に来て。」
「2年です。東京の人ですか?」
「いや、地方です。就職でこっちに来たんで。」
「地方?」
「えーっと、四国ってわかりますか?」
「はい、わかります。」
「四国の高知なんですが。」
「あー。はい、わかります。友達が今度高知に行くんで。
 東京に来て長いですか?」
「3年ぐらいですね。」
「東京は住みやすいですか?」
「住みやすいですよ。遊ぶとこ多いし。」
外人さんは一瞬けげんそうな顔をする。そんなに住みにくいって返事が多いのか?
「でも家賃がちょっと高いかな(笑)。あとは電車も多いし、仕事もあるしで。」

「東京なんですか?」
「いえ、遊びに来たんです。山口県から。」
「山口?山口市ですか?」
厚狭って言う新幹線が止まる町なんですけど」
「厚狭?あー、下関のほうの宇部の手前のとこですね。」
「そうです。新下関、厚狭、新山口です。」
「あそこはこだましか止まらないでしょう?新下関もこだまだけだったかな?」
「はい、厚狭はこだましか止まらないです。新下関は1日一本だけのぞみが止まります。」
「そうなんだ。」
詳しいなw
「山口は、岩国は行ったことがあるんですが、厚狭は新幹線で通過したことがあるだけですね。
 岩国って山口県ですよね?」
「そうです。岩国って基地がありますよね?」
「あー、岩国の米軍基地ですね。あります。」
「あと、木でできた錦帯橋とか岩国城とかありますね。」
錦帯橋のとこで三つの三連橋をジャスチャーして、岩国城のとこで上のほうを指差す外人さん。
「そうです、錦帯橋とお城に行きました。お城はそう山の上のほうですw」

「国は、どこの国から来たんですか?」
「アメリカです。」
「ニューヨークとかですか?」
フロリダです。わかります?」
「フロリダって南のほうの半島ですよね。キューバの上の。」
「そうです、そうです。」
「メジャーリーグがキャンプで何チームも来るとこですよね。フロリダかぁ。」
「行ったことあるんですか?」
「いえ、ないですwパスポートはあるんですが、作ったきりですね。
 友達がアメリカ旅行に誘った時に作ったんですが、用事があって断って以来外国に行ったことないですね。
 友達はその時に9.11の前のWTCに行ったり、音楽やってるからニューオリンズに行ってジャズ発祥の地に行って、向こうから絵葉書送ってくれたんですよ。その消印がブルックリンで、おーブルックリンからだぁって。」
「いつか休みの時にアメリカに行ってみてください。」
「そうですね、できれば暖かいほうのとこに。」

「なんでまた山口に?厚狭って田舎ですよね?普通、東京とか大阪に行きませんか?」
「田舎が好きなんです。もう都会より田舎がいいんです。素晴らしいです。」
「えー、日本の若者は田舎からどんどん都会に出ますよw
 田舎は仕事もないし、娯楽もないし、電車も少ないしTVも映らないしでw」
「都会は電車も多いからw」
「そうですそうですw
 こっちに来るのは一人で来たんですか?知り合いとか結婚して山口に来たんですか?」
「いえ、一人で来ました。
 厚狭の町には、来た時には私一人しか外国人いませんでしたから。
「一人で来たんですか、すごいですね。よく外人もいないような田舎へ来ましたねー。」
「厚狭の町は今はこう大きな市になったんですが、来た時は私外国人は一人で、自分で募集を見て来ました。」
「ああ、合併したんですね。」
「初めは切手買うのもドキドキしてもう緊張してました。すごいドキドキして。」
「切手って普通に買えますよwドキドキすることないですよ(笑)。」
「初めは日本語がまだうまくなかったから。通じなかったらどうしょうって、こう身振り手振りでw」
「ああ、そうか。
 日本に来る前に向こうで、日本語とか結構勉強してくるもんなんですか?」
「少しですね。簡単な会話程度です。」
「それで外人のいない田舎町へ一人で来るんですか、すごいですね。困ったことってなかったですか?」
「こっちに来て初めて雪を見て驚きしました。山口は結構雪が降るんです。」
「フロリダは全然降らないんですか?」
「んー、降らないですね。だから驚きました。」

「そういえば日本語習っても方言とかわかりますか?標準語で習っても山口は訛ってるんじゃないですか?」
「私の日本語も山口弁です。気をつけないと〜しちょるとか山口弁がでちゃいます。
 〜弁とか方言は仕事上興味あるんです。高知弁はどんな感じですか?」
「高知弁は土佐弁って言うんですが、どんな感じって言われると・・
 イントネーションは関西のほうに近いですかね。時代劇っぽいというか、古い日本語なんですよ。
 とてもうまいは、土佐弁でこじゃんとうまいって言い方がありますけど、今はもう実際は使われてないです。」
「こじゃんとうまい?」
「ええ、こじゃんとがとてもの意味なんです。でももう使わないですね。
 僕も田舎の親と話す時は土佐弁で話しますけど、こっちにいる時は標準語で話すんですよ。
 方言で話すとわからないことがあるし、東北の人の言葉はこっちがわからないし、お互い標準語で気をつかって話すもんなんです。」
「なるほど。興味深いです。
 私も日本に来るまでは、日本語がこんなに色んなバリエーションがあるとは思わなかったんです。
 山口の言葉も標準語とはちょっと違うし、東北のほうは聞いてもわからないし。
 アメリカは色んな人種いるけど、英語は皆同じ英語話すんで大体わかるんです。
 日本は地域によって色んな日本語あるんですね。」
「う〜ん、日本はアメリカより狭いけど、山とかで区切られてるし、江戸時代は300ぐらいに国が分かれてたなんです。
 標準語は後から作られた共通語みたいなもんなんです。」
「面白いですね。私は言葉にすごい興味があって、普段から本の虫なんです。
「よく知ってますねえ、本の虫って日本人でもあまり使わないですよ(笑)。」
本の虫って単語を外人から聞くとは思わなかったw

 そうこうしてるうちに終点の浅草駅に着いた。
俺はすでに乗り過ごしてるが、まあ話が盛り上がってたからいいやと思ってる降りると、
「私は上野駅で降りるつもりだったんですが、話が面白かったので乗り過ごしてしまいました。」
と、同じような事を言ってきた。この人は外人なのに空気を読むのかww
「あ、じゃあ、折り返しの電車乗りますか?僕もまだ時間あるんで上野まで付き合いますよ。」
「いいんですか。すみません。」
と、二人して気を使って浅草まで乗ってまた同じ電車で上野まで折り返した。
外人さんは上野公園方面に友達と行くというので、上野駅で別れた。

 6月に行った京都・竜安寺では、外人に話しかけられた時に思い切り日本語でしか返さなかったために会話が続かなかったが、今回は相手が流暢な日本語だったので会話が出来た。
しかし、1時半から用事があったとはいえ、メアド聞いて知り合いになればよかった。
なにせこれだけ話しても名前すら聞いてないし、相変わらずぬけてるw
 というわけで、呼びかけ。
 2008.8/10(日)12:30頃。東京、地下鉄銀座線浅草行きの車内で上の会話をしたフロリダから来たアメリカ人さん(厚狭駅のある町=山口県山陽小野田市在住)心当たりあればコメントください。
 管理人コスト。

〜〜〜〜
関連記事:『龍安寺A石庭』
http://cost-off.seesaa.net/article/102695101.html
『モスにて』
http://cost-off.seesaa.net/article/101943281.html
『福井の人』
http://cost-off.seesaa.net/article/102200113.html
コラム人物話カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html



posted by コスト at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
щ(゚д゚щ)連絡カマー−−−−−ン !!
本当に来るといいですね^^

初対面でこんなに盛り上がれるのが羨ましいです。
Posted by とり at 2008年08月13日 20:07
やっぱり日本語ペラペラだと気楽ですよ^^
ふっつーに日本人と話してるのと変わらなかったですよ。
英語だと普段使ってないから単語が出てこないとその一言のために長々説明やジャスチャーしないと通じないんで、それで結局疲れてしまうんですが、それがなかったんで楽しかったですよ。
Posted by コスト at 2008年08月13日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。