2008年06月21日

ハンデマン

 今日の夕方、議長とゲーセンにふらっと寄ったら連ザのタイマン対戦がやっていた。
 覗いて見るといい勝負なんだけど、よく観ると片方の男は必ず自分にハンデをつけて闘っていた。無論、見知らぬ対戦相手に。
そのハンデというのが、
・フリーダム相手にドムで乱入→負け
・レジェンドで乱入、しかしドラは一切使わない!→メイン射撃と格闘のみで3連勝
・3連勝後、ドラ封印レジェンドがセイバーにCPU倒さずに負ける
・低コストのゲイツRで乱入、しかし1機目はわざと何もせず落とさせる!→残りの機体数を同じにしてセイバーを3落ちさせて勝利
・ゲイツRで3連勝後、フォビに負け→青グフで乱入、勝利

 どこまでも不利なハンデをつけてから乱入する男、当然ハンデマンと命名した。
あまりの見事なハンデのつけ方に我々は、ハンデマンを観戦するだけで満足しゲームをせずに帰った。(タイマンが延々と続いて席が空かなかったから。)
 ハンデマンはハンデが原因で負けても悔しがらないどころか、すがすがしい男っぽりを見せつけていた。すごい男だ、ハンデマンw


posted by コスト at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 連ザ オフ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。